本日記は、2008年度、苫小牧青年会議所設立55周年を記念して企画いたしました。

 2008年度の基本方針にある、「人とのつながり」という言葉、そして、理事長方針にある、「古きを温ね、新しきを知る」という温故知新の精神をもってJC活動をしていきたいという願いが込められています。OB諸氏の皆様方に青年会議所への思いを熱く語っていただくきます。

 本日記はリレー形式で、OB会長の柏木先輩からはじまり、次の投稿者をご紹介いただきリレーしていきます。
メンバーの皆様、先輩達からのメッセージを胸にJC活動に邁進していきましょう !!

2014年05月02日

OB徒然日記第32号

OB徒然日記 第32回 玉川 健仁 先輩

JC*VAN
 

皆さん、こんにちわ。JC卒業後、28年を経過し、思い出話とのこと。少し綴ってみたいと思います。
苫小牧っ子の私は、昭和39年(オリンピックの年)高校卒業後、大学生活4年間学生生活を満悦し、建築技術者として、東京で就職、戦後復興の最盛期で何においてもインフラ整備・建築の多様化、公共事業の真最中で忙しく、何もかも新鮮で若い私には、凄く刺激的な10年間でした。
 苫小牧に舞い戻り、家業を継ぐ事になり、何も知らないこの業界に入りました。また、苫小牧市も大きく変貌し、街並みが都市化してきた時代です。今思えば、JC活動とは何たるかも知らずにいましたが、先輩・同級生の誘いで苫小牧青年会議所に入会しました。何も知らない手探りの状態、まず思ったことは例会に出席することから始まりました。
 昭和50年後期入会(古戸寅雄理事長)すぐさま樽前山神社のお祭りの話。JCが担当しており、私の店も元町で、近いのと私自身、小さい時からラジオ体操で神社に行っていたので、親しみを持って接する事が出来ました。神社に手伝いに行ったら、社務所に石田貢先輩が、事務局をしていたので、行きやすかったのでしょう。皆さんが一生懸命で、行列の打ち合わせ・道具の用意・おみこしの人集め、忙しく走り回った事を覚えています。
また、宮司さん(永井高明先輩)に良く声をかけられ、以後、今もお祭りに神社のかかわりをもっています。
 JCの華、道南スポーツの戦いの一幕を語ってみましょう。入会してまもなくスポーツ大会を見に行き、特に苫小牧JCの活躍を見て、力強く応援していました。昭和55〜56年頃、応援団を結成しようと働きかけ、自ら団長となり、毎年応援テーマを考え、他のLOMを圧倒する応援団にしようと(応援団賞もあり)衣装も看板も道具も皆でもちより、おもしろく・おかしく・楽しく、苫小牧は、マラソン・ゴルフが強く、綱引き・野球がちょっとでしたが、毎年総合では、優秀な成績で連覇を続けていました。
特に、昭和57年の金太郎祭、昭和59年孫悟空祭、昭和60年一寸法師祭、最後の昭和61年は、大津山理事長を中心にメンバー全員に声かけをして、100名応援団で成功、道南ブロック応援団賞5連勝を勝ち取りました。
 昭和57年(副理事長)時は、手探りでしたが、川田理事長の行動力は、早かった。前を向いて何でもやってみよう精神です。各行事の参加、もちろん苫小牧市の行事に参加しようと色々出かけました。
ニュージーランド協会の参加、東京大使館の訪問交流、大洗航路は、室蘭・苫小牧のバトル。大洗市まで大勢で出かけ、苫小牧をアピール、大歓迎を受けました。また、大井のいすず自動車本社を訪問。苫小牧をアピールしましたし、王子製紙3条通りブロック塀に大壁画はどうか!企画、訪問、明るい苫小牧の街づくりにアクションをおこして行動した年でした。
 最終の卒業年度は、JC活動の集大成として、大津山理事長と共に役員一同が、話を積み重ねました。褒賞特別プロジェクトを組織、各方面の訪問、行事の参加、会頭重点テーマ推進賞を取るべく全て計画しました。

 ・姉妹JC推進に関する運動苫小牧JCはネーピアJCと9年間に及ぶ姉妹交流、NZ協会のバックアッ   プ、ミス派遣によるポートフェスティバルの開催計画、両都市間の親善パイプ役などが認められた事で   す。
 ・魅力あるJCづくりに関する運動八戸との永きにわたるチビッコアイスホッケーの交流がJC相互理解と  信頼を築き、ラブ八運動を学ぶなど魅力あるJCづくりに貢献したことが認められた事です。

 この富山全国大会に於いて、史上初の日本JC・地区協、最優秀賞・優秀賞のダブル褒賞の快挙となりました。大津山理事長以下先輩諸兄メンバー全員の地道なJC運動が認められたのです。この卒業年次は、会員171名の100%を行い、全員参加を達成し、メンバー全員一丸となり出来たのです。最後に全国大会が富山で行われた時、卒業生に夫婦で参加を呼びかけました。宇奈月温泉での苫小牧ナイトは、卒業予定者8名が参加、内7名が婦人同伴、毎年の行事になっている卒業年次全国大会の婦人同伴は、大成功でした。ちなみに、出席者は、大津山・玉川・大友・壬生・吉本・佐々木・伊部の各カップルに、三原君が宇奈月温泉に当日の夜に到着!“玉ちゃん!約束守ったぞ〜”その言葉が今でも心に残っています。ナイトおおいに盛り上がり、JC活動で家を留守がちだったメンバーが、奥さん孝行した全国大会でした。
 JC入会で個性豊かな多くの人達と出逢い、私自身成長させてもらいました。私達は自らの認知度・知名度を高め、実行力をつけて飛び立っていくのです。つまり、時代に適応して、生き抜く活力なのです。有意義なJC活動、今でもかけがえのない仲間達と付き合っています。JC活動で学んだ経験と仲間達の友情と信頼を大切にしています。

*尚、なつかしいメンバーの顔や姿がたくさん出ているアルバムを寄贈いたします。
玉 川 健 仁


<LOM運営委員会>玉川先輩ありがとうございます。尚、写真を寄贈していただいた中から今回の日記の日本JC・地区協のダブル褒章のお写真を掲載致します。
事務局に寄贈されたアルバムを保管しておりますので、ご覧になりたい方は是非事務局までお越しください♪

http://toma-jc-obdiary.up.seesaa.net/image/EFBCAFEFBCA2E4BC9AE593A1E58699E79C9FEFBC88E78E89E5B79DE58588E8BCA9EFBC89-thumbnail2.jpg?1400122042951
posted by OB日記 at 08:57| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月06日

OB徒然日記第31号

1993年卒業 佐藤典正先輩

 最初に、東日本大震災で被災された方々にはお見舞いを又、お亡くなりになられた方々にはお悔やみを申し上げさせていただきます。さて私、佐藤典正は平成5年後期に入会し、6年と6カ月在籍させていただきましたが当事はバブル期真只中でした。最初は親しい人も少なく、余り楽しく有りませんでしたが慣れるにつれ楽しさがまして、時代が良かったせいも有り又JC綱領が何かも忘れ、ネオン街が明るくなるような時間まで、委員会メンバー等と飲み明かしていました。さて私が思う中学駅伝が出来た経緯についてですが、以前の教育文化委員会の核となる事業は、千葉県の市原市より100人程度の子供たちが苫小牧の地で、地元の子供たちと合同でサマーキャンプを行うお手伝い的対応が大きく占めていました。千葉の子供たちには選抜するほど好評でしたが、地元の子供たちには不人気で集めるのが大変で地元の中学校を廻ってお願いに歩いた事を覚えています。つまり、地元に不評なことをこのまま続けるか、はたまたやめるのかという議論が有り最終的に縮小しようという結論に至ったという記憶が今でも残っています。
 当事、丹治秀寛理事長、青地洋一担当副理事長、中田秀樹室長の下、街づくり推進室教育文化委員会委員長を受ける事になり、すぐ組織作りに取り掛かりまりました。副委員長にはいままで一緒にやってきた仲間で、現在市議会議員を勤めている桜井忠さんと、後々に理事長もこなした村木透さんに引き受けていただく事になり、幹事には吉原成昌さんの3名を最初にお願い致しました。委員会事業としては縮小したサマーキャンプの対応と、今回新たな事業を委員会で模索して欲しいと言う事になり、バレーはどうか、相撲がどう等色々候補が上った中で、中学生を対象に駅伝をやろうという事になりました。早速駅伝事業に向かい、スタートしてみると事業の大きさに自分でもびっくり、どうして組み立てて行くかもわからない中まず市の青少年課へ伺い、当事担当の今田さんにお会いして色々なアドバイスを頂き、まずは走ってくれる生徒を預かっている中学校の校長会が、春先開かれるのでその場でお願いしてはどうか、との話しが有り参加依頼に伺い何とかなりそうだという感触を得ました。その後走るコースの許可も必要、長い沿道の警備をどうするのか、警察、町内会が協力していただけるのか、タイムは陸競さん、莫大な費用はどうするのか、理事会では激論が交わされ危うく、ケンカにまで発展するような場面が何度も有りました。又、人前で話すのが下手、苦手、そんな中、理事会には毎回雄弁な2人の副委員長、桜井忠さんと村木透さん時には吉原幹事と全員で望み理事会又、この事業に対する臨時理事会が定刻で終わった記憶がほとんど有りませんでした。2人の副委員長さんがほとんど私に代わって答弁、説明をしていただき私は頷いているだけでした。やっと理事会の承認も得て、本格的にロム事業4室で振り分け事業を行う事にこぎ着き無事、事業が成功する事が出来ました。これもひとえに担当事業を抱えながらも、お手伝いしていただいたロムメンバーの皆様と、当委員会のメンバーの絶大なる御協力に感謝し、簡単な文章ですが改めて当事御世話になりました方々にお礼を申し上げて終わりにしたいと思います。



[事務局より]
佐藤典正先輩、ご寄稿ありがとうございました。4室合同のロム事業の中学駅伝、大変参考になります。

次回は佐藤先輩からご紹介頂きました吉原成昌先輩です。お楽しみに。
posted by OB日記 at 10:20| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月11日

OB徒然日記第30号

1994年卒業 櫻井 忠先輩

佐藤幸博君から原稿依頼を受けました。5年前あの事件により皆様に大変嫌な思いをさせご迷惑をおかけしました。JC現役、OBの方々にも心からお詫びを申し上げなければなりません。その後私はJCとも距離を置いておりましたが同期卒業の佐藤君の「もうそろそろ復帰しろよ」との友情だと解釈し依頼を引き受けることにしました。私がJCのHPに原稿を寄せることに賛否もあろうかと思いますが、何卒お許しをいただきたいと思います。

 さて、私はJC現役当時さして重要な役をお引き受けした訳ではありませんが、1987年後期に入会し1994年卒業までの7年半例会欠席は一度(講演のためイレギュラーな例会で)だけで、卒業時には銀のスプーンがティーカップセットにも余る程になりました(当時年間例会100%者にはスプーンが1本渡されていた)。また担当した事業は記録的集客をした港祭りの迷路(高橋徹哉委員長)、伝説の蔦森山林でのサマーキャンプ(中田吉信委員長)、アルテンオープン事業の国際ジュニアサミットとサマーキャンプ(桂田行康委員長)、体育協会主催で現在に至る中学駅伝(佐藤典正委員長)など肉体系委員長のもと体力で乗り切ってきたことは今でも懐かしく思い出されます。特に中学駅伝の大変さは筆舌に尽くせぬものでしたがそれは後の筆者に委ねることといたします。ただやはり自分の思い入れとしてはたった一度だけ政策系委員長を担ったことを述べさせていただきたいと思います。

 1993年という年は田中正彦理事長のもと地区大会の主管、40周年事業と大変な年でありました。ともすれば委員会活動は地区大会の担当事業が主体となるような感もありました。そのような中で「くにづくり推進室教育政策委員会」では理事長から「いじめの問題に取り組んでほしい」との要請を蹴り、「いじめは今全市的に各種団体が取り組んでいます、しかしどの団体も取り組んでいない『このままでは子供たちを大学に通わせられない』という問題に取り組ませてほしい」と談判し了解を取り付けた。次に街づくり推進室の石塚担当副理事長と桂田室長、同室の委員長らにお願いして室予算のほとんどを配分してもらった。何故なら大学生とその親にアンケート調査を実施し、さらにはその結果を冊子にまとめ印刷するためには室予算を等分していたのでは足りません。
 市内全高校を回り趣旨を説明し、大学2年生の卒業名簿を教えていただいた。今のように個人情報保護法下では難しかったと思うが当時は何とかご理解していただけた。その名簿に従って350名の父母にアンケートを送り158件の回答を得、同時に138名の学生の住所を知ることができました。次にこの138名の大学生にアンケートを送り半月後の締め切りまでに74名からの回答があったがこの種のアンケートとしてはかなり高回答率で関心の高さが伺われた。
 このアンケートでわかった実態は家庭では@生活が苦しく(69%)。Aその原因は教育費が高い(91.7%)。Bそれを解消するためには授業料、家賃、生活費の低減が必要。Cかけている教育費は自宅通学の場合平均100万円、自宅外の場合200万円。D公立と私立では172万円と225万円で53万円の差があった。E東京近郊と地方では253万円と186万円で67万円の差があった。F3分の1以上の家庭で夫婦共働きになったなどの変化があった。G職場からの援助はほとんどない。H奨学金は14%の方が平均年60万円程度貰っている。I両親の収入は平均750万円、これは勤労者調査に比べかなり高い(所得の低い家庭では進学を諦めているせいではないか)。
 学生では@親の負担を考え通学は徒歩や自転車で努力している(54%)。A交通費、生活費、仕送りともに全国平均を下回っている(親の負担を考慮している)。B68.9%の学生がアルバイトをしている。理由は生活の維持41.1%、生活のゆとり12.5%、旅行8.9%、ファッション8.9%(全国平均は順番に19.0%、26.2%、26.5%、17.7%)とゆとりよりも不足をカバーしている。
 これを踏まえて7つの提言をした。国に対しては@国立大学を距離比で再配置する。A総合大学の一部学部の地方移転。B税金の就学費控除。道・市に対してはC公設又は公営寮の設置。D大学誘致、又は公設民営大学の誘致。E大学誘致基金の金利による奨学金制度の充実。企業に対してはF社内融資制度の充実です。特にEは委員会のメンバーではないが市議会議員の遠藤連君(当時)の議会での質問を採用させていただいた。
 その後1995年私が市議会議員となったときの初めての一般質問はこの報告書を下敷きにして質問をした。その際打ち合わせにきた市の担当者は「このような発想は市職員ではできませんねえ」と感心されました。そして一般質問が終わった直後にJC事務局で顔を合わせた田中正彦君は「JCで提言した問題が議会で正式に取り上げられるなんて思わなかったなあ。」と実に嬉しそうな顔をしていた。その田中君も今は泉下の人となってしまったことは残念でならない。

 当時の委員会メンバーはスリープもいたので全員の名前をここに記すことは憚れますが、皆に心から感謝しております。特に就学ローンのシミュレーションは銀行マンの磯部君でなければできない綿密なものであったし、就学費の最も大きな部分を占める家賃の分析は今成君の「お家賃」に対する執念の賜物でした。JCはいろいろな個性がいる。その個性を発揮し、影響を与え合いながら磨き合い、成長できることが魅力だと思います。いかに人と絡み合いぶつかり合うことが大切、アクティブに活動してこそのJCです。中国の諺に「有縁千里来相會、無縁対面不相識」(縁が有れば千里離れていても出会いがあり、縁が無ければ目の前にいても気付くことも無い)というのがあります。
 私はこのJCで多くの貴重な出会いを与えていただきました。その中でも今も深く付合っていただいている佐藤典正君にペンを引き継ぎたいと思います。彼は青少年の委員長になった時私を副委員長に指名し、「駅伝をやろう」と無謀な提案をしてきました。しかしとうとうそれをやり遂げた馬力は彼の理ではなく、熱と情のリーダーシップです。決して文章がうまい訳ではないけれどきっと活字の間から滲み出る彼の人間性が後輩の道標になることと確信しております。



[事務局より]
櫻井忠先輩、ご寄稿ありがとうございました。政策系委員長の際のエピソード、我々現役メンバーにとって大変参考になります。

次回は櫻井先輩からご紹介頂きました佐藤典正先輩です。お楽しみに





posted by OB日記 at 11:26| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月15日

OB徒然日記第29号

1994年卒業 佐藤幸博先輩

 徒然日記の執筆を頼みますとのFAXが桜田氏から入り、さて、この日記はと依頼者本人に聞くと、JCのホームページを見た方が早いとの事、早速ホームページを見ると、OB諸兄それぞれにJC活動を楽しんで来たんだなと改めて感心致しました。
 そこで、徒然の意味を今一度確認しておこうと辞書を引くと、する事がなく退屈な事とある、徒然とは関係ないが横の行には、つれないとある、意味は、気にとめなくて平気だと書かれている。その瞬間、ほっとして、今日に至り執筆が大変遅くなった事を、担当者に素直にお詫び申し上げます。

 11年間青年会議所に在籍させて頂き、在籍の半分は道南ブロック協議会に出向していました。1986年のアカデミー室委員に始まり、総務室役員、LD情報室室長、アカデミー室塾長、アカデミー情報室室長となり、意に反し出向していました。さすがに、ここまでブロックに出むくと、他LOMの役員から「何回目ですか、ブロック好きですね」と何とも、意味深なやさしい言葉を耳にする様になり、大きなお世話だと心の中で思いながらも又、それはそれで良しと自分に言い聞かせてJC活動をしていました。
1987年の時の道南ブロック協議会は、岩倉博文さんがブロック会長、運営専務に渇雷v仁の社長の不川智詞先輩が努めました。その時々の協議会の善し悪しは、会長然り、運営専務の腕次第で決まる所が何と言っても大きく、この頃からかもっと前からかも知れませんが、苫小牧から、日本青年会議所会頭、若しくは、副会頭に岩倉博文さんを輩出すると言う大きな目的がありました。その目的を成し遂げるには、道南ブロックの会長の任期中に岩倉さんに汚点を残す事は出来ないとの思いで、不川先輩は、岩倉会長を支えに支えて、ブロック協議会を運営していました。この時JCと言う不思議な心意気がある事を知りました。
 JC独特の慣習、行動、何とも言えない居心地の良さを、JCマンと言われる、誰もが身に覚えがあると思います。楽しいJC活動が出来る喜び、そしてJCを謳歌するのも、それぞれ出来る土台がある事を忘れないでもらいたい。そこの所を忘れるがために、言われていた事があった。「明るいJC、暗い家族、そして会社は忍耐」この不の部分の認識の無さが人生の岐路になる事もある。家に帰った時テーブルの上に離婚届けの用紙があったと言う本末転倒にならぬ様、自分を戒めてJC活動に邁進して下さい。

 最後に、自分事ですけれども、長年JCに染まってこれたのは、家族の中でも一番の理解者であった、亡き妻のおかげでした。それもJCでなく、JC会員だった自分を見守ってくれていた事に、あらためて、今になって、本当に今になって、しみじみと思います。生前、一言、一言です、礼を言っておきたかったです。ありったけの、ありったけの愛情をこめて「やえこさん ありがとう」と。

次回の筆者をご紹介します。
私の友人の一人で現在、市議会議員に返り咲き市政に情熱を注ぎこんでいる、桜井忠OBです。人生の浮き、沈みを(本人が重いからではなく)甘受し公僕として今頑張っています。


[事務局より]
佐藤幸博先輩、ご寄稿ありがとうございました。岩倉先輩、不川先輩とのブロック協議会でのエピソード大変参考になります。

次回は佐藤先輩からご紹介頂きました桜井先輩です。お楽しみに。



posted by OB日記 at 19:46| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月15日

OB徒然日記第28号

1992年卒業 櫻田泰清

「はじめに」
 1983年(S58)後期入会、1992年(H4)卒業の櫻田です。
役職、経歴を省き、ここでは、入会時を含めたエピソードをお話いたします。

「入会にあたって」
 私の推薦者は若林社長(スマイル保険)と田村雄二さん(市議会議員)です。中学・高校の同期、若林君が先代のもとを訪れ、JCに誘ってくれました。先代櫻田清は、肝が据わった人間で、即刻決定。社命にて入会を決断してくれました。お陰で私は、時間の制限もなく(つまり、自己管理のもとに)JC活動を展開できました。今思えば、先代の決断に感謝。

「JCで学んだこと、ほんの一例ですが」
a) 組織運営するためのフォーマットや運用のスキルアップになりました。〜例会、委員会、理事会は絶好の勉強の場でした。
b) 出向して
・ 地区協議会に2会程度出向
道内のLOMの実情と各地のJCマンとのネットワークの構築ができ、情報が入り易くなりました。
・ 最終年度は阿部明弘理事長の配慮により「日本」に出向これまた、日本は広い。思考スケールの違いと全国のLOMの活動展開の差異を身近に感じることができました。もちろん、仕事のスキルアップにもなりました。

「卒業式に臨んで」
 1992年12月、10年間在籍したJCを卒業。卒業式で演奏した、ビートルズのand I love her。卒業証書をいただきながらも、もっと後輩のために役立つJC活動はできなかったのか、JCで得た知識をきちんと伝えたかった、との自責の念に・・・。
 そして、10年間ひとりで3人の子育てをして貰った妻に、ただただ感謝の一日でした。

「おわりに」
30代で、できるJC活動を全うできたことに納得しつつも今後も微力ですがJCには関わって行きたいと考えてます。
 街づくりに欠かせない団体、それは、やはり“JC”でしょう。


 次回の筆者をご紹介いたします。
私が総務委員長時代の副委員長、後に丹治理事長年代の副理事長を努めた、通称「髭のさとうさん」こと、アート印刷の佐藤幸博氏です。現在は、ライオンズの会員です。


{事務局より}
櫻田先輩、ご寄稿ありがとう御座いました。入会から卒業までの10年間の活動、大変参考になります。

次回は櫻田先輩よりご紹介頂きました佐藤幸博先輩です。お楽しみに。
posted by OB日記 at 18:34| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする